チームブログ情報

第45回 全日本少年サッカー大会 3日目

2021/11/22 21:14
山室山FC



こんばんわニコニコ




昨日は全日3日目。




120チーム余りが参加した今大会も、いよいよベスト16。





この舞台で戦える事に感謝し、大切な仲間に感謝し、3日目に挑みました‼️








ベスト16



vs ファミリア


















2-0


キアラ マヒロ



技術のある苦手な相手に、ベスト16の空気感にやや緊張感のある硬い立ち上がり。



マヒロ、アサヒの堅守から、ゲンスイが裏へ抜ける攻撃を繰り返す展開。



エリアに侵入し、ゴールに迫るシーンも数回あるも、決定打を欠き、CKのチャンスもなかなか活かせず。



技術のある相手に、何度か攻め込まれるも、トキヤ、ナツキを中心に危なげなく迎えた前半13分。



キアラがセンターサークル付近で倒されFK。



まさかと思いきや、そのまさかで直接ゴールを狙いクロスバー直撃の弾丸シュートがそのままゴールに入り先制。



前半をリードで終え後半へ



後半キックオフ後、4年生ルイが飛ばされながらも懸命な守備、5年生ツバサの積極果敢な守備とオーバーラップを繰り返す展開。



後半9分、左サイド攻撃参加のキアラとアサヒが崩し、キアラからゴール前マヒロへの折り返しを、マヒロが冷静に流し込み追加点。



その後決定機を決めきれない場面があるも、トキヤ、ナツキを中心に無失点で切り抜け、2ー0で勝利。



3年ぶりに全日ベスト8進出となりましたビックリマーク



ベスト8の相手は…



3年前のフジパンカップベスト8、全日ベスト8、2年前の新人戦と山室山FCに大きく立ちはだかる壁、FCジェンティーレさんとの対戦。



日頃より友好関係にあり、日々成長させて頂いていり相手に、成長を見せ、リベンジを果たす、絶好のチャンスを頂きました❗️



ベスト8



vs FCジェンティーレ











1-2


キアラ



なが〜い休憩時間からベスト8のキックオフ❗️



キックオフ後から一方的に攻め込まれる展開。



前半3分、5分と立て続けに失点し、劣勢状態の続く展開。



前半15分頃、ようやく決定機が。



エリア内ゴール中央に持ち込んだマヒロの狙い澄ましたシュートは僅かにゴール左へ…



前半を0-2のまま後半へ。



後半キックオフ後も前半同様の展開。



再三のピンチをGKトキヤがファインセーブ連発で守り切る中、後半10分。



相手GKが前に出ている所を、コート中央やや左サイドからキアラが狙い、GK頭上を破りゴール。



1-2とし、またしてもビッグチャンス。



しかし、ノーゴール…



そのままタイムアップを迎え、1-2で敗戦となりました。








ベスト8、スコア以上の完敗。




現状を知る、現実を知る一戦となりました。




上手い選手が集まれば勝てて当然です。




結果を見ればベスト8敗退ですが、ここに至るまでの6年間。



山室山でサッカーを始め、共に歩んで来た仲間達と、明るくやんちゃな4.5年生達。



ここまで来ての敗戦は本当に悔しい。



でもここまで来れた事は、君達にとって、山室山FCにとって最高の財産です。



仲間を信じ、チームを愛し、懸命に走り続ける6年生には、本当に感動しました。




ただ、勝負です。




君達の流した大粒の涙が、その証拠です。




1月、三重県選手権が最後のリベンジの場。




新しい仲間と共に、山室山で積み上げた集大成を、「Retador」の精神を胸に、最高の結果を目指し前進して行きましょう。




感動の3週間をありがとう、そして新たなスタートを共に切りましょう。




前進あるのみ。




運営の皆様、帯同審判の皆様、素晴らしい機会を頂きありがとうございました。



また、観戦が出来ない中、リモートで応援頂きました、サポーターの皆様、OBの皆様、本当にありがとうございました。



3日間帯同して頂き、素晴らしい写真と優しい眼差しを送って頂きました野口さん、ありがとうございました。



全ての皆様に、選手、スタッフ一同感謝し、今日から次へ向け前進して行きます。

本当にありがとうございました

>

主催イベント

トップページへページの先頭へ

(C) 2015-2019 全国ジュニアサッカー応援団